コンセプト

空間の広がりと、多彩な収納を中心に住まいを考えた、新しいクレアホームズの提案

家族のコミュニケーションを育む、オープンな生活動線。快適な日常を支える、こだわりの収納スペース。
クレアホームズのコンセプトを活かした空間づくりで、住まう方それぞれの理想をかなえる暮らしをご提案します。

  • 広がる開放感
  • 豊富な収納力

広がる開放感

オープンスタイル

日本の空間文化は間仕切りの文化と言われています。襖や障子による間仕切りは、個室でありながら、声や物音などご家族の気配が感じられるぬくもりに満ちています。取り外しが利くなど一家団らんに一役買う機能性も備えています。しかしいつしか個室が“孤室”となり、一緒に暮らしていてもコミュニケーションが取りにくい時代に。そこで空間の新たな発想として生まれたのが「オープンスタイル」。通常のマンションにある廊下とリビングを遮るドアを無くすことで、お子様の帰宅や外出時の様子が確認しやすく、声かけもスムーズに行えるようになります。

  • ※掲載の間取り図は設計図を基にイラスト化したもので、実際とは多少異なる場合がございます。イメージとしてご覧ください。
  • ※掲載の写真はB2タイプモデルルームを撮影したものであり、一部にオプションが含まれております。また家具・小物等は販売価格に含まれておりません。
  • (注)タイプによって、プランの内容は異なります。

豊富な収納力

マンションの
収納率とは

建物の専有面積に対する収納部分の割合をあらわすのが「収納率」です。ここでいう収納部分とは、床から天井付近までを使う高さのスペースのみ。ストレージルームやクローゼット、シューズクロークなどがこれにあたります。一方、キッチンや洗面化粧台の下部収納やトイレの吊戸棚、食器棚などは収納率算出時の収納部分には含まれません。また、一般的にマンションでは8%以上、一戸建て住宅では10%以上が望ましいと言われています。

収納率

収納率 マークの付いているものが、収納率の計算に含まれます。
※収納率を計算する収納部分の面積は、壁芯面積を採用しております。

  • ※掲載の間取り図は設計図を基にイラスト化したもので、実際とは多少異なる場合がございます。イメージとしてご覧ください。
  • ※掲載の写真はB2タイプモデルルームを撮影したものであり、一部にオプションが含まれております。また家具・小物等は販売価格に含まれておりません。
  • (注)タイプによって、プランの内容は異なります。